スコット・フォスター、パートナー

M&Aに係るアドバイザリー取引を担当。 メリルリンチ、リーマンブラザーズ、その他複数の欧州系投資銀行の日本及び韓国拠点で25年以上にわたり、エレクトロニクス、エンジニアリング、再生可能エネルギーなどの分野をカバーする、株式リサーチアナリストとして投資銀行業務に携わる。

 

証券業界以外では、Strategic News Serviceが主催するFuture in Review(FiRe)会議の諮問委員会のメンバーでもあり、日本とアジアに関連するトピックについて執筆。一種外務員資格を保有。 スタンフォード大学で学士号、ワシントンD.C.ジョンズ・ホプキンス大学のアドバンスド国際学科で修士号を取得。

 

米国籍であるが、日本の永住権を取得。